FC2ブログ

袖ケ浦フォレスト・レースウェイ ニュース


2010年07月 の記事一覧

≪新しい記事一覧へ | | 古い記事一覧へ≫

全日本 袖ケ浦 EV 50㎞ レース大会 

梅雨明けし、猛暑日となった海の日の7月19日、日本で初開催となる電気自動車だけのレース
「全日本 袖ケ浦 EV 50㎞ レース大会」が 開催されました。

CIMG0078_convert_20100721153549.jpg



はじめて行われた「電気自動車だけのレース」はモーターの微かな音と、声援が聞こえる中で、静かにそして熱いレースが行われました。
重要課題は熱対策。氷やドライアイスを持ち込んでモーターやバッテリーを冷やすチームも多く、中にはスターティンググリッド内でも冷たい水をかけて対策をしているチームも・・・・・

スターティンググリッドでのインタビューで
「TAISAN PORSCHE 916EV」の密山祥吾選手は
「初めてのレースなのでまずは車をいたわって完走を目指します」
「千葉県総合自動車大学校i-MiEV」の長妻実選手も
「周りをよく見て無理をせずに完走第一でがんばります」と話し、
予選で断トツトップのタイムをたたきいだした飯田章選手においても
「余裕なんて全然!!気を使って走らないと…」と話すなど、
猛暑と初めてのレースという見えない敵との戦いになる気配・・・・


そんな中全9台で争われたレースは、途中トラブルで後退する車両もありましたが、全車完走し、
市販車クラスの「TEAM TAISAN TESLA」が総合優勝(ドライバー 飯田章選手)
市販車改造クラスの優勝は「千葉県自動車総合大学校ブルーcats-i」(ドライバー山本 智大選手)で幕をとじました。
優勝した飯田章選手は「いずれこういう車種が主流のレースの時代が直ぐ来るでしょう、一足お先に体験させて頂きました、時代の先取りと新しい時代の到来を観た瞬間はなんとも言えない充実感です新しい時代のレースが始まったと感じました」と感想をおっしゃっていました。
IMG_1254_convert_20100721153728.jpg

来年以降も継続の予定ですので、興味をもたれた方はぜひご来場ください。

そして・・・・・サーキットにはめずらしいこの設備・・・・

充電3


実は電気自動車の充電設備なのです。
袖ケ浦フォレスト・レースウェイではいち早く電気自動車充電に対応した充電設備を導入しました。
充電器電気スタンド

i-MiEVの充電風景